大学入試センター試験対策をするタイミング

今では国公立の大学だけでなく、私立大学の多くが導入している大学入試センター試験ですが、センター試験対策を始めるタイミングはいつがいいのかという話がしばしば聞かれます。
センター試験に特化した対策ですが、皆さんがどこに重点を置いて勉強をするかによって変わってきます。
もし二次試験を重視しているのであれば、10月いっぱいくらいまではそちらの試験対策に力を入れた方がいいでしょう。
そして11月から2か月余りで徐々にシフトチェンジしていけば十分です。

もしセンター重視の大学を受験するのであれば、もう少し時間をかけて試験対策をした方が良いかもしれません。
夏休みに入ったあたりから、センターのことを意識した勉強メニューにしていきましょう。

センター重視の大学で半年前からセンターの方に傾注してしまって構わないのかという意見もあるでしょう。
しかし一般的な傾向として、センター試験を重視している大学は、えてして二次試験の難易度は高くありません。
もしくは教科数が文系や理系のみのような感じで、少ない試験となります。
ただし100%完璧にセンター試験に集中しないことです。
気分転換など、合間を縫って二次試験対策も行えば、万全の状態で試験当日を迎えられるはずです。

社会や理科は基本暗記科目といえます。
ですから基本的な知識を覚えるのはできれば3年生に入った段階から徐々に始めておくと、試験直前であわてることもなくなります。
そして11月ごろからは問題を解く実践編に入れるようにしておくのが理想です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。