大学入試センター国語の対策

国語で得点を伸ばすなら、とにかく文章を読み、慣れること。
ひと昔前であれば、受験指導でもこのようなことが言われていた時代がありました。

しかしながら、受験まで時間がある高1、2生であればまだしも、限られた時間で効率良く合格を目指したい高3生や浪人生であれば、そう悠長なことは言っていられません。

センター試験国語で高得点をとるための勉強法を検討する上では、一般的に言われている「国語力の育成」とは異なる対策が必要となるのです。

選択式解答の基本は“消去法”

センター国語の特徴といえば、「解答に記述式がなく、選択である」点です。

特に現代文の勉強法を考える上ではこのポイントをしっかり心に留め、消去法で選択肢を選びとる訓練に努める必要があります。
幸い、センターレベルの国語であれば、絞り込みに微妙な肢がいくつも出てくることはありません。
たいていの場合、2択までには容易に絞ることができるようになっています。
最後の2択については、落ち着いて選択肢を比較検討することで判断します。
一見正しいことを書いていると思える場合でも、よくよく読み込んでみると矛盾があったり、本文とは異なることを指していたりすることもあります。
この点については、限られた時間内にいかに冷静に選択肢を吟味できるかが、得点を大きく左右することになるのです。

これらを踏まえてセンター国語の勉強法を考えるのであれば、「選択式の解答に慣れること」を重視し過去問演習に努めることが最重要であると言えます。

現代文の場合、選択肢の書かれ方には特徴がありますから、ある程度パターンで慣れておくと本試験上スムーズです。
また、古文、漢文については、教科書に出てくるような基本的な知識を確実にしておくことで、得点を伸ばすことができるでしょう。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。