大学入試センター日本史Bの対策

センター試験の地歴科目の中では、例年特に平均点の振るわない日本史B。
いざ受験生になり、何らかの地歴科目の受験が必要ということになって、「世界史は範囲が広すぎて厳しい」「かといって、地理も対策が難しそう」となり、消去法で日本史Bを選択する方も多いようです。

世界史B同様、私大受験でも日本史を使う文系受験生であれば、基本的には私大対策をする中で、センター試験にも活きる基本的な知識が身につきます。
ここでご紹介するのは、あくまでセンター日本史Bの勉強法です。

インプットとアプトプットの繰り返しで基礎力UP

センター日本史Bの勉強法の基本は、「教科書で勉強した知識の習得」にあります。
よって、まずは教科書の内容を確実に紹介することが重要になります。

この場合、教科書を読むのみで理解できるのであれば良いのですが、実際にはただ読むだけで重要事項を覚え込むことは難しいものです。
教科書の内容をさらに読みやすくまとめた『実況中継シリーズ』や用語集の活用はもちろん、実際に問題を解くことで出題傾向を把握し、狙われやすい事項を押さえることも大切です。

問題演習というと、試験対策の終盤に取り組むものといったイメージがあるかもしれませんが、出来ればなるべく早期から行うのが得策です。
「センター日本史Bの出題傾向に慣れる」といった意味もありますが、問題を解くことで教科書を読んで分かったつもりになっていた部分、つまり「知識の穴に早い段階で気が付くことができる」というメリットもあるからです。

年号とイベントの丸暗記ではなく、必ず「背景」にも注目

センター日本史Bでは特定の歴史的出来事について深く問われることがないため、勉強法としても「ポイントとなるイベントとその年号を覚えること」に終始しがちです。
しかしながら、こうした暗記の仕方では知識の定着を図ることは難しいと言えます。

歴史的出来事を覚える際には、「なぜそれが起こったのか」、「どこで起こったのか」、「その結果どうなったのか」までをセットでまとめておくと、覚えやすくなると同時に忘れにくくもなります。
さらに、私大の日本史対策にもつながります。

なかなか骨の折れる作業ではありますが、反復によって着実に定着させていくことが重要。
日本史に限らず、地歴科目は継続的に毎日コツコツ取り組むのが得策です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。