大学入試センターリスニングはまず過去問

大学入試センターのリスニング対策をするためには、過去問を解くことが何よりも大事です。

実はネット上で、過去問が紹介されています。
問題や解答はもちろんのこと、音声やスクリプトなどもアップされています。
無料で利用できるサイトもありますから、どんどん活用しましょう。

84d537333ee21b8f7e8bde7c1e0297c7_s

過去問を解くときに大事なのは、何回も繰り返し問題を解くことです。

まずは普通の試験の感じで、音声を聞いて答えます。そして答え合わせしてみましょう。
おそらく何題か間違っている個所が見つかるはずです。
そしてその問題の音声を何度も聞くことです。
この時スクリプトもあるにはありますが、見ないで聞き、そして内容を理解することです。

続いて、スクリプトを見て間違った問題を音読しましょう。

リスニングで音読する必要があるのかと思う人もいるでしょうが、音読した方が自分の耳で聞き取れるのでより頭に入っていきやすいです。

目安としては、3回くらい一つの問題で音読するのがオススメです。
そして最後にもう1回普通の試験のように、問題を解いていきましょう。

リスニングは小手先のテクニックなどではなかなか点数を稼げません。
何度も英会話を聞いて、耳を英語に慣れさせることが大事です。

時間があれば、間違った文章を聞いて、書き起こしてみる作業をしましょう。よりリスニング力をアップできるはずです。
中にはわからない英単語も出てくるかもしれません。

その場合でも聞いたニュアンスでカタカナやローマ字表記にしてみましょう。これでも十分効果はあります。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。