大学入試センター模試で点数が取れない

記述式の試験で数学の成績はそれなりに出ている、でも大学入試センター模試だと思ったような結果がついてこないケースもあります。
なぜこのような状態になるかというと、センターの問題形式に慣れていない、時間切れになってしまう、時間を気にして焦ってケアレスミスをしてしまうなどが考えられます。
しかしいずれの理由にしてもテクニカルな事情なので、それほど心配する必要はありません。

このようなセンター模試の点数が伸びないのであれば、解くスタイルを変えてみることです。
もし時間が足りなくて全部の問題を解き切れないのであれば、時間配分をまず考える癖をつけることです。
そしてどれなら確実に解けるかをチェックして、そこから問題を解くことです。
一瞬わからずにつっかえてしまうのであれば、その問題は後回し、場合によっては捨てるくらいの気持ちを持ちましょう。
ケアレスミスが多いのであれば、検算を素早く行う練習をしましょう。

このようなテクニックは、とにかく何度も問題を解くことが大事です。
そのためにオススメの方法として、過去問を何度も解くことです。
センター試験の過去問を解くことによって、どのような流れで問題が出るのか、出題傾向がどうなっているかを把握できます。
二次試験の問題でそれなりの成績の出ている人は、センター試験の問題で答えを見てもどうしてそうなるのかわからないということはないはずです。
あわてずにセンターの出題形式に慣れることが大事です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。