大学入試センター英語試験の対策

大学入試センターの英語の試験ですが、難易度は決して高くありません。
国公立大学の二次試験の過去問を解いてきた人にとって、少し簡単すぎるのでは、と思うかもしれません。
だからこそ注意しないといけないのは、ケアレスミスです。
大学入試センターの英語の問題は、いかにケアレスミスを少なくするか、確実に正解を積み重ねていくかがポイントです。

特にミスの中でも痛いのは、マークミスです。
せっかく問題の解答が分かっているのに、マークする箇所を間違えて失点するのは後々ダメージになります。
またセンターの問題の中には、一瞬受験生を迷わせるような問題が出てきます。
例えば選択肢の中で、「これも言わんとしていることは大まかな部分であっている」とか「見方を変えるとこれもアリなのでは?」といった解答の掲載されている問題もあります。
このような選択肢の迷いで時間をロスしてしまって、全部解くことができずに終了してしまうパターンもしばしばみられます。

これはいずれも、センターの問題形式に慣れていないことが大きいです。
もしセンターの問題でミスが多い、問題を解くときに迷ってしまうのであれば、過去問を解きましょう。
大学入試センター試験の場合、時期が近付くと予想問題が予備校などで配布されます。
予想問題の対策も大事ですが、センター試験に慣れるためにはむしろ、過去問を解くことをお勧めします。
国語も似たような微妙なニュアンスの問題が出題されることがありますから、注意が必要です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。